欧州のフットボールシーズンは残すところあとわずか。スペイン1部のラ・リーガも最終節を残すのみとなった。

 

そうしたなか、古豪レアル・ソシエダがレジェンドへの素敵な試みを行った。

https://platform.twitter.com/widgets.js

これまでソシエダ一筋でプレーしてきた生え抜き選手シャビ・プリエトは今季限りで引退。34歳のMFにとって先週末のレガネス戦がホームスタジアムであるアノエタでのラストマッチとなった。

 

そこでソシエダは、530試合以上に出場するなどそのキャリアをクラブのために捧げてきたプリエトに敬意を表し、なんとエンブレムを彼の顔に変更!

https://platform.twitter.com/widgets.js

もちろんこれは1試合限定だが、ソシエダがエンブレムをボール・王冠・旗のデザインから大きく変更するのは初だそう。

 

レアル・ソシエダ
「歴史的な模範(であるシャビ・プリエト)は歴史的な行いに値する。シャビはずっとこのエンブレムのためにプレーしてきた。よって、アノエタでのラストゲームにおいて、我がレアル・ソシエダは彼を1日エンブレムにする。シャビ・プリエトは1つのタイトルも勝ち取らなかった。だが、彼はすべてのファンからのリスペクトと愛を得た」

https://platform.twitter.com/widgets.js

外転筋を痛めて2月以降離脱していたプリエトだったが、この試合では83分から出場し、見事3-2の勝利に貢献している。間違いなくプリエト、そしてファンにとって記憶に残る一戦となったはずだ。

 

ソシエダは今週末の今季最終戦、アウェイでリーグ王者のバルセロナと対戦する。

Source: GetNavi web